読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐっと子供を引き付ける!迫力のある絵本はこれだ!

三びきのやぎのがらがらどん マーシャ・ブラウン絵 せたていじ訳

迫力のある絵とお話で、子供をぐっと引きつける絵本はこの本。

内容

名前はどれも「がらがらどん」の3匹のやぎ。
山へ草を食べに行く途中にある橋をわたるのですが、
その橋の下には、気味の悪い大きな「トロル」が住んでいます。
さて、三匹のやぎは無事にたにがわをわたることができるのでしょうか。

続きを読む

あーんあん せな けいこ

あーんあん せな けいこ

同じせなさんの「ねないこだれだ」の絵本が、
怖がりながらも子供のお気に入りだったので、
この本もどうかな?とおもって買いました。

内容は僕が泣いて魚になるお話です。
↑さすがに内容紹介が雑すぎか。

この絵本は、あんまり気に入らなかったようです。
昔からあるロングセラーで人気もあるのに。

同じくらいの親戚の子供は、好きなようです。
多分、私の子供よりこの絵本読んでましたね。

遊びに来るたびに読んでた記憶があります。

こんなに子供によって好き嫌いってでるものなのですね。

同じせなさんの本で「いやだいやだ」も買いましたが、
うちの子、この3冊だと「あーんあん」が一番人気がありませんでした。

せなさんの本は今のところこの3冊しか知りませんが、
なんとなく、しつけの本のような感じがしますね。

 

「ねないこだれだ」
寝ないとおばけになって連れていかれるよ。

「あーんあん」

泣いてばかりいるとお魚になっちゃうよ。

「いやだいやだ」
いやだいやだばかり言っているとどう思う?

 

こんな感じでしょうか。

この絵本は、泣いてお魚になってしまっても、
ちゃんと最後お母さんが助けてくれるので子供は安心できますね。
ねないこだれだは、最後が気になりますが。