読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おおきい ちいさい 元永 定正

【スポンサーリンク】

おおきい ちいさい 元永 定正

見開きでおおきい絵と小さい絵がかいてあって、
「おおきい」 「ちいさい」の繰り返しです。

ただそれだけです。
子供は繰り返しが好きなのです(確信)。

カラフルで抽象的?な絵が描かれています。
子供が好きそうな感じがします。
もちろん私も好きな絵でした。

この本を読むときは、
「おおきい」は大きな声で。
「ちいさい」は小さな声で。
声の大きさにも大小つけて読んであげると喜びますね。

大きいと小さいの概念を伝える事にも役立ってそうです。

子供が興味津々で見ているのが伝わってくる絵本でした。

大きいと小さいの意味が分かってくると、
「おおきい」と言うと子供が「おおきいね!」
「小さい」と言うと子供が「ちいさいね!」
と会話?も楽しみながら読めるようになりました。
楽しいですね。

 

元永 定正さんといえば、「もこもこもこ」谷川 俊太郎 の
イラストが有名ですが(もちろん、私は知りませんでしたけど)
こちらの本のイラストも素敵ですね。

もちろん「もこもこもこ」も子供が好きな絵本なので、
今度ブログにアップしたいと思います。

絵本を全く知らなかった私は、最初ついつい絵本といえど、
簡単なものでもいいので物語(ストーリー)を求めていましたが、
ほんと、こんな感じの絵本が小さい子にはいいんですね。
よく考えると、0歳や1歳なんてとくに物語なんて
まだまだ理解できるはずもない。
考えてみると当たり前のことなのですが、この本を読んで実感しました。
「おおきい」「ちいさい」だけで、これだけ子供を興味津々にさせ、
楽しくさせてくれるのですから。

わかりやすく、興味をそそる色使いの絵と、
わかり易い(リズムのいい)言葉とその繰り返し。

これが、小さい子にはいいようです。

 

この本はなぜか私の心をもつかみました。
別に「おもしろい」と感じたわけでもなく、
「へぇー」とさせることもない。
しかし、たまに読みたくなるのです。
絵の感じがきにいったのでしょうか?
自分でもよくわかりませんが、なぜかたまに読みたくなる本です。