読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くだもの 平山和子

【スポンサーリンク】

「くだもの」 平山和子

この本は初めて妻と相談せずに自分で選んだ記念の本です。
って大袈裟ですね。

普段は妻と、「この本はどう?」なんて本を選ぶことが多いのですが、
いろいろネットなどで絵本を調べていると、この絵本が目に留まりました。

 

とてもきれいな絵の絵本です。

果物が本当においしそう!

内容は、果物が「さぁどうぞ」の文字と一緒に描かれているだけです。
最初はくだものがそのまま描かれて入れ、次のページには
そのくだものが皮をむかれたり、切ってあったりとすぐ食べられる状態の
絵が描かれています。
なので、まだまだ小さいお子さんにもぴったり。

子供と一緒に、「さあどうぞ。」と言いながら食べる真似をしています。
子供が、「おいしいね」と言ってくれます。
子供がまだしゃべれないときも、楽しそうに見ていた本でした。

くだものの名前を覚えるにもぴったりの本です。

なんだか絵と同じで暖かい感じの空気になるとてもすてきな絵本です。