読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のせて のせて 松谷みよ子

【スポンサーリンク】

のせて のせて 松谷みよ子

以前紹介した松谷みよ子さんの本です。

 

この本もまた、昔から(1969年!)ある本です。
絵も昔ながらの暖かい感じの絵です。

リズムがよく、音読がとても気持ちいい本です。
1歳から2歳にかけていつも読んでいました。
リズムをつけて読んであげると喜んでいました。

内容は、まこちゃんが運転する車にいろいろな動物をのせて走るお話です。
うさぎさん、くまさん、ネズミさんとどんどん乗っていきます。
途中に出てくるトンネルのページが真っ暗で、本当にトンネルに入ったような
感じになります。

このページ、よほど印象に残ったのか、実際にトンネルを走ると、
最近ほとんど読まなくなったのに
「トンネル トンネル まっくらまっくら おひさまだ」といまだに言います。

こういう、昔からある絵本は子供が大人になり、子供ができたときも
あるのでしょうか。たぶんあるのでしょうね。
年代としては、私も小さいころ読んでもらっていてもおかしくないのですが、
絵本を読んでもらった記憶がありません。読んでもらっていたのかもしれませんが。