読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいさつのできる子供に育てる第一歩の本はこれだ!

【スポンサーリンク】

こんにちは わたなべしげお文 おおともやすお絵

子供に、挨拶を小さいころからなんとなく伝えるには、もってこいの本。
1歳ころから読んであげても楽しそうにみています。

内容

こぐまが道でであったおはなさん、いぬさん、しんぶんやさんなど、
みんなに「こんにちは」とあいさつしていき、最後にぱぱにこんにちはを
する本です。

 子供の反応

さすがに1歳くらいは、意味も分からずかわいいくまのお話を見ている感じですが、
大きくなるにつれて、こんにちはというものをなんとなく理解するようになって
いきました。いっしょに読みながら「こんにちは」の部分で頭を下げてやると、
いっしょに下げるようになりました。

私の感想

絵はとてもやさしくてかわいい感じの絵です。
背景が真っ白なので見やすく(注目してほしいものに注目しやすい)、
1歳ころから楽しめる本です。最後の方でおかあさんとお父さんがでてくる
のですが、なぜか「おかあさん」と「ぱぱ」です。
「おと おと おと おとうさん こんにちは!」だと、
ちょっと感じが違ってくるので、
「ぱぱ ぱぱ ぱぱ ぱぱ こんにちは!」でよかったと思いますが、
それだと、おかあさんとままにしたらダメなのか、どうなのか。
細かいところが気になるのが僕の悪い癖(右京さん風)